日田・うきは・朝倉エリアで建てる!はじめての注文住宅ガイド » 注文住宅を建てるなら知っておきたい前知識・情報 » 気密性・断熱性

公開日: |最終更新日時:

気密性・断熱性

気密性や断熱性の高い住宅は、冷暖房効率が良く快適に。目安となる数値の見方などを解説します。

家の「気密性・断熱性」とは

隙間が多い家は外気が入りやすく、屋内の空気もすぐ逃げるため、断熱性能が落ちて外気温の影響を受けやすくなります。つまり、冷暖房の効率が非常に悪い家になるのです。
この隙間を可能な限り埋め、気密性を高めたのが高気密な家。メリットはたくさん。

  1. 少ないエネルギーで室内の温度をキープ。電気代を節約
  2. 換気効率が向上。気密の低い部分があると換気がうまくできません
  3. 壁の中に空気が漏れて起きる「壁内結露」を防止
  4. 遮音性のアップ

気密性を表す数値はC値(隙間相当面積)。すべての隙間の合計面積(平方センチ)を、延べ床面積(平方メートル)で割って算出した数値です。低いほうが良いのは当然ですが、隙間をテープやシートで塞ぐ工事は手間もコストもかかります。バランスを考えると、0.7以下を目安とすべきでしょう。

断熱性が必要なのは

外気温は、窓や壁からも室内に影響を及ぼします。いくら気密性を高めても、壁や窓が熱を伝えやすい素材や構造だと、室内は夏に暑く、冬は冷え冷えとして不快です。
これを避けるには、壁に断熱材を入れたり、熱を伝えにくい窓ガラスにしたりして断熱性を高めるのです。そこにはこんなメリットがあります。

  1. 冬でも建物全体を暖かく保てるため、ヒートショックが起きるのを防ぎます
  2. 夏場は室内の温度上昇を防ぎ、知らず知らずのうちに熱中症になるのを回避
  3. 気密性の効果と同様、室内を快適な温度に保ちやすくなるため、冷暖房費を節約

断熱性はU値(熱貫流率)で表します。室内外で1度の温度差があるときに、壁1平方メートル当たりどの程度の熱量を通過させるのかを表し、小さいほど断熱性が高いという意味です。目安は0.5~0.6程度でしょう。

気密性・断熱性を高めた住宅「ZEH(ぜっち)」とは

エネルギーの差し引きがゼロになる住宅を意味する「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称で、消費量と同じか、それ以上のエネルギーを生産することを目指した住宅のことです。

消費エネルギーを減らすため住宅の断熱性や気密性を高め、省エネ性能の高い冷暖房や給湯の設備などを導入する一方、太陽光発電などでエネルギーをつくりだします。

国の基準を満たせば、1戸あたり60万円の補助金が支給されるなどメリットは少なくありません。

ZEH住宅と一般住宅の違い

一般的な住宅との大きな違いは、「使うエネルギー≦創るエネルギー」になるかどうかです。一般的な住宅の場合、生活を営むために多くのエネルギーを使用します。しかしエネルギーを創る設備を導入していなければ、エネルギーを消費するだけになってしまうでしょう。

ZEHは気密性・断熱性などの機能面を高めており、使うエネルギーも最小限に抑えています。さらに太陽光発電システムなどを導入し、エネルギーも生み出しており、「使うエネルギー≦創るエネルギー」になることを目標にしているのです。

ただし必ずしも光熱費がゼロになるということではないので注意しましょう。

どんなメリットがあるのか?

快適性向上

ZEHに認定されるためには、気密性・断熱性も優れていなければなりません。そのため外気の影響を受けにくく、最小限の冷暖房さえ入れていれば快適な空間を作り出すことができます。また遮音性・防音性も高いため外の騒音にも悩まされる心配もなく、家の中を子供たちが走り回っても近隣を気にすることもないでしょう。だからこそ一年中快適に暮らせるのです。

災害に強い

ZEHは太陽光発電を搭載しているため、独自でエネルギーを創り出すことができます。たとえ停電していても、太陽光を浴びている間はエネルギーを使い、日常と同じような生活を過ごすことが可能です。万が一にも備えられるというのは、安心にも繋がるでしょう。

資産価値がある

平成28年度より住宅の省エネ性能を評価する「建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)」が施行され、不動産の評価項目に追加となりました。さらに平成29年からは「ZEHマーク」という認証表示もされるようになり、今後ZEHということは、売却時にも有利に働くことが予想されます。

ZEHの種類

ZEHは戸建ての場合には、主に3つの種類に分類されています。「ZEH」「ZEH Oriented(ゼッチ オリエンテッド)」「ZEH +(ゼッチ プラス)」です。

まずZEH Oriented(ゼッチ オリエンテッド)は、都市部の狭小地のために設けられた制度です。狭小地の場合、太陽光発電を搭載したとしても、発電量が十分得られないケースが多々あります。そのため従来のZEH基準をクリアすることができませんでした。そのため太陽光発電以外の条件をクリアしていれば、ZEHとして認めるという制度です。

またNearly ZEH(ニアリー ゼッチ)という種類もあり、これは寒冷地や低日射地域、多雪地域のために設けられています。

ZEHを取り入れる際に知っておきたい補助金制度

ZEHを導入したことによって、補助金を受け取ることができます。ただし条件があり、その条件を満たしていなければ補助金がもらえなくなってしまうでしょう。注文住宅を建てる前に補助金の条件に満たせるかどうかチェックするようにしてください。ZEHの施工数が多いハウスメーカーや工務店に任せれば、補助金のことも詳しいため安心です。

2020年に評価された 朝倉・うきはの
注文住宅施工会社
建築家のお墨付き
原口想建
3選-原口想建
引用元HP
https://haraguchisouken.com/product/newhouse/584/
授賞 ウッドワン空間デザイナワード2020ウッドワン賞
審査
員長
伊東豊雄氏(建築家)

施主と施工主がお互い納得できるまで相談・希望のやり取りを繰り返す「原口メソッド」を元に、施主の隠れた希望をも引き出した世界に一つの「完全自由宅」を実現。

公式HPで詳しく

今すぐ電話で相談
8:00~18:00

デザイナーのお墨付き
一条工務店
3選-一条工務店
引用元HP
https://www.ichijo.co.jp/topics/kidsdesign2020/
授賞 キッズデザイン賞
審査
員長
益田文和氏(インダストリアルデザイナー)

全国各地で高品質を標準設備とする家を提供する一条工務店。「i-smile」は打ち合わせでタブレットを活用する新たな試みで、そのユーザビリティの高さが評価を得ました。

公式HPで詳しく

今すぐ電話で相談
10:00~19:00

ジャーナリストのお墨付き
積水ハウス
3選-積水ハウス
引用元HP
https://shin-mori.com/2020/10/14/wd/
授賞 ウッドデザイン賞2020
審査
員長
赤池学氏(科学技術ジャーナリスト)

1棟に使用するすべての木材でトレーサビリティを確保した個人住宅にてウッドワン賞を受賞。木造住宅の新たな可能性を呼び起こし、技術普及に向けて動いています。

公式HPで詳しく

今すぐ電話で相談
9:00~18:00

※うきは・朝倉エリアを対応範囲に含む施工会社のうち、2020年1月1日~12月31日までにスキル・センスが客観的に評価され、何かしらの賞を受賞した旨が公式サイトに記載されている工務店1社とメーカー2社を選出しています(2021年3月1日調査時点)。
※参照元:ウッドワン空間デザインアワード2020「結果発表&表彰式レポート」https://woodone-contest.com/ceremony.shtmlKIDS DESIGN AWARD「受賞作品検索」http://www.kidsdesignaward.jp/search/detail_200275ウッドデザイン賞「受賞作品データベース」https://www.wooddesign.jp/db/production/1368/