日田・うきは・朝倉エリアで建てる!はじめての注文住宅ガイド » 注文住宅を建てるなら知っておきたい前知識・情報

公開日:|最終更新日時:

注文住宅を建てるなら知っておきたい前知識・情報

注文住宅を建てるなら、ぜひ知っておきたい工法や耐震性など前知識や情報を解説します。

工法

注文住宅の工法は、主に木造・鉄骨造・RC造の3種類。木造は設計の自由度があり、コストは抑えられます。強度や耐久性を求めるなら鉄骨造やRC造のほうが上ですが、コストには覚悟が必要です。それぞれの工法の違いや特徴を、メリットやデメリットと共に説明します。

住宅の工法について
詳しく見る

耐震性

注文住宅の耐震性は、3段階の「耐震等級」が目安。地震の多い日本では、最も上の耐震等級3を備えておくべきです。また「耐震」と「免震」「制震」の違いをご存知でしょうか。地震から住宅を守る方法に違いがあります。耐震等級の見方と共に紹介します。

住宅の耐震性について
詳しく見る

気密性・断熱性

住宅の気密性や断熱性が高ければ、多くのメリットを享受できます。特に外気温の影響を受けにくく、冷暖房の効率が上がるのは見逃せません。気密性や断熱性の目安となる数値の見方と共に、高気密・高断熱の住宅「ZEH(ぜっち)」とは何かを見てみましょう。

気密性・断熱性を
詳しく見る

素材

注文住宅を建てるには、木材以外にも、壁材となる漆喰、壁の中に入れる断熱材など多くの素材が必要です。特に木材は、天然木から切り出した無垢材を使うことでさまざまなメリットも。福岡ならではの素材として、やはりスギやヒノキを使いたいですね。

住宅の素材について
詳しく見る

デザイン・設計

注文住宅の設計は、用意されたプランを基にカスタマイズすればそれほど難しくはありません。一方で、一から書き起こす自由設計にすれば、時間はかかっても細かい部分まで自分らしい家づくりを実現できるでしょう。後悔しないデザインを実現するためのコツをお伝えします。

住宅デザインについて
詳しく見る

お金のこと(税金・ローン)

注文住宅を建てる際には、お金の手当をしておくのも重要。住宅ローンを借りるには多くの手続きを経る必要があり、書類も準備しなければなりません。「つなぎ融資」が必要になるケースもあります。建てる前後にどんな税金がかかるのかも知っておいてください。

注文住宅のお金について
詳しく見る

注文住宅に住みたいと考えた時、「理想の家を」とは誰もが思うことかもしれません。人それぞれ理想の形は違いますし、何を便利と感じるかも同じく異なります。注文住宅を建設するにあたり、どのような理想が多いのか。それぞれの理想についてのトピックを用意しました。

自由設計でこだわりの注文住宅を建てる

注文住宅は全てが自由です。どれだけの自由度があるかもポイントとなるでしょう。完全自由設計にこだわる人も多くいます。完全自由設計の場合は間取りや収納の位置など、いわば「全て」を設計できるのがメリットです。ある程度選ぶだけで後は設計士に任せるのではなく、選択肢の全てを依頼主が決められます。「オンリーワン」「自分だけのマイホーム」を建てたい方に向いています。

その分こだわりを持てばコストは高くなりますし、コストを抑えれば予算内で収まりやすくなるのもポイントです。自分や家族の希望を反映させやすい反面、コストや利便性も考えることも忘れないようにしましょう。

自由設計について詳しく見る

長期優良住宅で安心して末永く住める家を建てる

マイホームは建てて終わりではありません。その後何十年と住み続けることになるので、品質も重視する必要があります。一つの目安となるのが、長期優良住宅です。長期間品質が保証されているので、長く家に住み続けたい人にとって無視できない貴重な目安・基準となりますが、具体的にどのような基準が設けられているのか、細かく解説していますので長期優良住宅が気になる方は要チェックです。

長期優良住宅について詳しく見る

寒暖差対策で快適な家を建てる

日本には四季があります。暑い時期と寒い時期、さらには同じ季節でも朝と夜とで寒暖差が激しいことも珍しくありません。そのため住宅には暑さと寒さ、双方の対策が求められます。

昨今は高断熱・高気密が注目を集めており、性能についてこだわりを持つハウスメーカーや工務店を選ぶのも良いかもしれません。空調に頼らずとも、夏は涼しく冬は暖かい環境を実現するなら、性能面に力を入れている業者を選ぶのがおすすめです。もちろん断熱性や気密性以外にも、調湿や周辺環境との調和など、過ごしやすさを左右する点は多々あります。それらについても要チェックです。

省エネ設計で快適な家を建てる

国際的に、環境問題がより大きくクローズアップされるようになっています。一般住宅においても同様に、省エネ設計が注目を集めているのがポイントです。少ないエネルギーで効率よく、快適な空間を演出するためには何が必要なのか。独自にアプローチしてる業者もあります。

省エネの方法もまた様々です。どのような省エネを採用するのかも、注文住宅の大切なテーマとなります。省エネによって得られる補助金もあるので、補助金・助成金などの観点からチェックしてみるのも良いでしょう。

2020年に評価された 朝倉・うきはの
注文住宅施工会社
建築家のお墨付き
原口想建
3選-原口想建
引用元HP
https://haraguchisouken.com/product/newhouse/584/
授賞 ウッドワン空間デザイナワード2020ウッドワン賞
審査
員長
伊東豊雄氏(建築家)

施主と施工主がお互い納得できるまで相談・希望のやり取りを繰り返す「原口メソッド」を元に、施主の隠れた希望をも引き出した世界に一つの「完全自由宅」を実現。

公式HPで詳しく

今すぐ電話で相談
8:00~18:00

デザイナーのお墨付き
一条工務店
3選-一条工務店
引用元HP
https://www.ichijo.co.jp/topics/kidsdesign2020/
授賞 キッズデザイン賞
審査
員長
益田文和氏(インダストリアルデザイナー)

全国各地で高品質を標準設備とする家を提供する一条工務店。「i-smile」は打ち合わせでタブレットを活用する新たな試みで、そのユーザビリティの高さが評価を得ました。

公式HPで詳しく

今すぐ電話で相談
10:00~19:00

ジャーナリストのお墨付き
積水ハウス
3選-積水ハウス
引用元HP
https://shin-mori.com/2020/10/14/wd/
授賞 ウッドデザイン賞2020
審査
員長
赤池学氏(科学技術ジャーナリスト)

1棟に使用するすべての木材でトレーサビリティを確保した個人住宅にてウッドワン賞を受賞。木造住宅の新たな可能性を呼び起こし、技術普及に向けて動いています。

公式HPで詳しく

今すぐ電話で相談
9:00~18:00

※うきは・朝倉エリアを対応範囲に含む施工会社のうち、2020年1月1日~12月31日までにスキル・センスが客観的に評価され、何かしらの賞を受賞した旨が公式サイトに記載されている工務店1社とメーカー2社を選出しています(2021年3月1日調査時点)。
※参照元:ウッドワン空間デザインアワード2020「結果発表&表彰式レポート」https://woodone-contest.com/ceremony.shtmlKIDS DESIGN AWARD「受賞作品検索」http://www.kidsdesignaward.jp/search/detail_200275ウッドデザイン賞「受賞作品データベース」https://www.wooddesign.jp/db/production/1368/